マンションの規模をチェック!

家族の人数やライフスタイルから賃貸マンションを選ぶ

リーズナブルなマンションから超高級マンションまで、ひと口にマンションといっても様々なタイプがあります。賃貸マンションの物件情報をチラシや情報誌、不動産サイトで探していても、情報が山ほどあって自分たちにマッチするマンションはどのタイプなのか、どんな点に気をつけたらいいのか、建物の良し悪しを見抜くポイントはどこ?など、分からないことだらけで悩んでいませんか? マンションには、規模や高さ、形状の違いなどにより色んなタイプのマンションがあります。そして、子供がいるファミリー世帯や子供がいない共働きの夫婦、単身者などの居住者の構成も違いがあるでしょう。それぞれ自分たちの家族の構成や、ライフスタイルにより、建物のタイプや間取りに合うタイプのマンションを選ぶことができます。

自分たちにベストな住まいは?マンションの規模の特徴を掴もう

小規模マンションは、駅に近い立地にも郊外にもよく見かけるタイプのマンションで、ひとつの敷地に単体で建っていることが多いです。戸数は50戸以下程度であり、戸数が少ないため比較的マンションの管理がしっかり行き届いている傾向があるものの、管理費は高めになることもあります。中規模マンションにおいては、ひとつの敷地に単体又は複数棟建つことがあります。戸数は200戸未満で、市街地に建つことが多いです。敷地内には小さい公園や駐車場が完備されていることもあります。

大規模マンションは広い敷地の中に、複数棟建つことも多いです。戸数は200戸以上、住戸数が多いので管理費は安めになる傾向があります。キッズルームや宅配ボックス、集会所や遊歩道などの様々な施設が充実しているという特徴があり、ファミリー世帯に人気の住まいです。場所は郊外に立地することが多いです。